心を育てる

朝からじめじめとして すっきりしないお天気。

今週も人身事故があったり、15歳の少年が母と祖母を殺害したという暗いニュースがありました。

相変わらず、自殺者があとをたたず。胸が苦しくなります。

生きていても楽しいことなんて無いのかもしれません。学校へ行っていても、仕事をしていても、家庭の中でも上手くゆかないことのほうが多いのが現実。上手に生ききることが出来ない人へ、かける言葉もありません。

皆そうなのです。生きていれば理不尽なことが多い。上手くゆくときよりもゆかない時の方が圧倒的に多いのです。ふと、隣の人を見ると 人生がとてもうまくいっているように見えてしまいます。でも実際には、誰しもが重い荷物を背中いっぱいに背負い、さらには両手に荷物を持って歩いている。それは、決して人の目には見えていないだけで、みんなそうなのだと思うのです。

光が見えなくて、何もかもを見失い、命を急ぐひとを止めるだけの上手い言葉はみつからないけれど・・・・子供だって、一生懸命生きているけれど苦しいときがある。大人だって、どうしようもないほど辛くて苦しくて、切なくてどうしようもないときがある。それでも だいたいの人が淡々と、日々を生きる。

物心ついたときから 強くなりなさいと教育されます。心を強く・・・と、学校でも家庭でも先生にも親にも言われて子供は育ちます。自分に負けてはダメです・・・と。

ところが、人生は 負けの連続です。自分に負けたくないと思って頑張って頑張って 本当に頑張っても 報われず、打ちのめされてしまうときがあるのです。

だからこそ、私は言いたい。負けてもいいのです。いや、負けることの方が多いのが生きること。

だけど、そこで大事なのは 負けてからのこと。何度も何度も負けて、転んで、倒れて。もう立ち上がる気力もなくなるかもしれない。それでも、負けても負けても くじけない心。そのくじけない心を 子供たちに育ててほしいと思う。

私自身も 何度も人生の岐路に遭い、選択を間違えたり、立ち止まったり、転んだりしながら 今がある。
そのたびに、自分に負けてはいけないとは 思わなかった。ただ 立ち上がってもう一度歩き出すことだけは 諦めずに 生きてきた。

こんな私も・・・沢山の負けに出遭い、沢山の夢に砕け、沢山の壁に突き当たったけれど、それでも くじけない心を 親が育んでくれたことに感謝している。そんなことがわかってきたのも その親が二人ともいなくなってからだけれど・・・。

昨夜、姪二人が やってきた。社会人の子は、同期の仲間と意見が合わないで苦しいこと。大学生の子は 先週から始めた生まれて初めてのアルバイトで我慢が出来ないこと。

さんざん 自分の言い分を言いながら しまいには 泣き出してしまった。

そうなのよ。人生は そんな風に上手くゆかないことの方が多い。それでもくじけない。

涙を拭いて、明日も元気に出かけなさい。流した涙がいつか きっと力になるからね。そういって 自分の家に送り出しました。

もう二人とも大人だから、いまから 何かを教えて育てるのは 難しいかもしれない。それでも私は 二人を諦めず、くじけずに 見守ってゆこう。

くじけない心を 彼女たちが必ず 持ってくれるように。。。。

そんなくじけない心を 美しい姿とともに昨日 見ました。

フィギュアスケーター 浅田 真央さん。

幼いころから天才少女と言われて注目を集め、ジュニアスケーターとしては あのキム・ヨナ選手を抑えてトップにいることの方が多かった。その後、そのキム・ヨナさんとともに世界のトップスケーターとしてフィギュアスケートの人気を牽引してきた。

その真央さんがお母さんを亡くし、失意の底から立ち上がってオリンピックへ挑んだあの姿。

誰もがメダルを疑わなかった中での ショートプログラム。そして それを跳ね除けるように舞ったフリースケーティング。

あの感動は つい昨日のことのよう・・・。真央さんがハーフ・ハーフと言っていたのを聞いて 私は もういいよ。真央ちゃん、もう十分に みんなに幸せな時間をくれたのだから。もうゆっくりと好きなことをして、恋もして、スケートショーで楽しく滑って 人生を楽しんで。。。。と思っていました。

でも彼女は決断しました。もう一度、競技の世界へ。厳しく苦しいあの世界へ戻ることを。一度しかない人生だから悔いのないように 自分で決断しました・・・と。

ショートで失敗しても 彼女は 決してくじけなかった。最近、台頭してくる 世界的若いスケーターの滑る姿を目の当たりにしても 彼女はくじけなかった。

きっとまたこれからも 次々とあるであろう 困難な道にも 勝負で負けるときはあっても 心はくじけずに その美しい姿を 私たちに見せてくれるのだと思う。

幼い時から ご両親や先生に 技術だけでなく その くじけない心を育んで育ててもらったからこそ 今があるのでしょう。

真央さんのように 華やかに人生を生きることが出来るのは 無数の星の中の一つだけかもしれません。

でも同じように くじけない心を持って、背筋を伸ばして生きることは 誰しも出来ることなのです。

私自身も道半ば。くじけない心で 今日を、明日を、生きたいと思います。

今日は、朝 からずっと 図面を作っていました。こんな日は 動きやすい恰好で通勤。

 スカート  :コットンシャンブレー台形スカート(MHL)

 シャツ   :コットンリネンストライプシャツ(YAECA)

a0310697_14143190.jpg
a0310697_14144541.jpga0310697_14145534.jpg
[PR]

by hana2724 | 2015-05-19 14:21 | 日々のこと